年齢とともに乾燥やかさつきが気になる方、多いと思います。
冬場はなおさらですね。

乾燥対策のために、保湿しようとクリームをせっせと塗っている方いませんか?
それはNGです!

乾いたところに油分だけ塗っても、表面がテカテカしてしまうだけ。
ますます乾燥してしまいますよ。
大事なのは水分と油分のバランスです。

乾燥しているな、と思ったときには、化粧水をたっぷりつけます。
私はコットンパックをしています。
このときのコツは、コットンは化粧水でヒタヒタにすること。
コットンの方が乾いていると、かえって顔の水分をとられてしまいます。
佐伯チズさんは水道水で一度コットンをぬらして絞ってから、化粧水をしみこませていました。
私はコットンパック用はプチプラ化粧水なので、そのまま惜しげなく使っています。

これでもかという位に水分を与えたら、すぐに油分でフタをします。
水分さえたっぷりあれば、油分はほんの少しでもOKなんです。

ボディについては、お風呂上りで水分が残っているとき、すぐにクリームをつけるといいですよ。

わたしが美容のために気を付けていることは、なんだか分からない添加物を使っているものは使用しない、ということです。食べ物でも化粧品でも、原材料をチェックしてできるだけ添加物が少ないものを選びます。

ですが、添加物を100パーセント使わないのは無理な話。わたしは乾燥肌なのでパックをしたいのですが、安物だと肌が赤くなってしまうので困っていました。

そんなとき、友達が教えてくれたのがヨーグルトパックです。スーパーで売っている無糖のプレーンヨーグルトを塗るという、簡単な方法です。食品なので安全だし、添加物もほとんどありません。

しかも、安い!最初は食品を顔に塗ることに抵抗がありましたが、エステでもきゅうりパックとかハチミツパックとか食品を利用したパックはメジャーですからね。慣れれば、簡単だし後始末も楽だし、肌はモチモチになるしで良いこと尽くしです。何より、パックの間中、ヨーグルトの良いにおいがして癒されますよ。ヨーグルトパック、オススメです。

ここ数年気をつけていることで、積極的に温かい飲み物を摂るようにしています。

仕事でマレーシアに3年以上住んでいたとき、一年中常夏の国なのに外で鍋を食べたり温かいミルクティーを飲んだりしているマレーシア人に衝撃を受けました。
すべての人が健康を意識してそのような食生活を行っているのかはわかりませんが、少なくとも中華系のマレーシア人の友達に体調の不安を訴えると大体「白湯を飲め」と言われます。
温かい国の人が温かい飲み物を摂っているのだから、四季のある国に住む日本人が温かいものを飲まなくてどうする、と思い取り組んでいます。

少し前女優さんやモデルさんも冷たいものは取らないというのが流行っていましたし慣れればそれほど辛くもなく、外食をしてもホットの飲み物を頼んでいます。
ただし絶対禁止にするのではなく好んで選んでいるようにマインドコントロールしているので、年に数回は冷たい飲み物を頼むこともありますが、それが習慣になることもなく継続できています。

美容に乾燥は大敵です。
逆に乾燥さえしなければ、美容に関していいことがばかりだと思います。

最近、私は、とにかく、乾燥しているところがないように、心掛けて生活をしています。
乾燥している部分は、なんとなく人に年老いた印象を与えてしまうからです。
顔がツヤツヤでも、髪がパサパサだったり、指がカサカサだったりすると、だいなしです。

手足、顔、体は、乾燥を感じたら安いものでいいのでたっぷりと化粧水やクリームを塗り、髪の毛はパサツキを感じたらオイルトリートメント。
体の中も水分がなくならないように水分をとり、部屋も乾燥しないように加湿器などで注意しています。

とにかく、乾燥だけはしないように注意して、生活をし始めてから肌も体もいい調子です。

以前、「干物女」が話題になりましたが、やはり乾燥してると美から程遠くなる気がします。
高いものではなくとも、水分やオイルを常に体に入れるだけで、かなり違ってきます。

最初はとても面倒だと感じましたが、乾燥に気付いた時にやれば面倒も感じずケアすることができるようになります。

乾燥をなくすだけで美容効果バッチリなので、ぜひ乾燥した生活にお別れを告げましょう。

年末年始はお呼ばれの機会もぐんと増えて、外食やお酒の量も増えますね。
太りたくない!と注意していても、ついつい食べ過ぎてしまったり、飲みすぎてしまったりしがちです。
何も対策をしないでいると、疲れた夜のお手入れも手抜きになっていき冬の乾燥に負けてしまってカッサカサなんてことになってしまします。

この時期に毎日必ずするのがマッサージです。
冷たい外気にさらされても、マッサージすることでターンオーバーを活性化させてお肌の温度もあげてくれます。
特にお酒を飲んでしまった後には有効です。
次の日もむくみ知らずでおきられることが多いですよ。
飲み会の後の化粧糊の悪さからも解放されます。

前日寝る前にマッサージをしたのに、それでも肌ツヤがよくないとか、むくみがひどいときに救世主になってくれすのはホットタオルです。
濡らしたタオルを軽く絞って、電子レンジで1分間チンすると手軽にできます。
そのホカホカタオルをお顔全体に当てて、1分くらい、ツボを刺激しながら乗せます。
そのあと冷たい水で洗顔して引き締めると、むくみが少しすっきりして化粧のりもよくなるはずです。

時間がある方は2~3回繰り返すと効果的です。
ホットタオルは夜のお手入れに入れてもすっきりできるのでお勧めです。

前にアンチエイジングの鬼というブログで、身体の糖化についてかかれていました。
余った砂糖が身体のタンパク質と結び付いて、身体に様々な害を及ぼすというものでした。

確かに甘いお菓子を食べた直後に、身体でシミのある部分が急に痒くなる事がよくあるので、この痒みこそが私の中で起こっている糖化かもと気がつきました。
ですので、これ以上身体が糖化にならないように、今は腹八分目で食べる量を抑えています。

あとは、アンチエイジングのためのサプリメントを飲んでいます。
疲れると肌が黄ぐすみしてしまうので、疲れが肌にでないようにです。
今はコエンザイムをのんでいて、夜にのんで朝起きて鏡を見ると、肌に透明感が戻っています。

あとは、抗酸化作用が強いといわれるルイボスティーとビタミンCが豊富なローズヒップティーを、それぞれ1日一杯必ず飲むようにしています。
お茶をのみはじめてから、白髪が増えなくなってきたように思います。

また、はと麦茶も吹き出物防止のために、麦茶がわりに毎日飲んでいます。
はと麦茶を続けていると、吹き出物が出にくくなって、肌が強くなったように思います。

美しくなるためには、まず時間が必要です。自宅ではお肌の手入れのために、ユックリお風呂に入らなけれはならないし、パックも重要だし髪のお手入れもてがぬけません。

太らないように、ヨガ教室に通ってますし岩盤浴もやります。週一のエステに定期的にまつげパーマにネイルサロン、とにかく美容には時間もお金もかかるので親に甘えることが私の美容法です。

いまだに実家に半居候状態ですが、家事は炊事洗濯に掃除すべて母まかせ、おまけにお金を使わないようにお昼はお弁当を作ってもらってます。朝はぎりぎりまでメイクに時間を取っているので忙しいのです。

やはり親元が一番!母の手料理は美味しく、栄養のバランスも考えてあるので体調もよく便秘もしないのでお肌はつべつべです。やはり美しくなるためには母のサポートが必要不可欠です。

朝、髪まで母に結ってもらってます。編み込みすれば会社では「どうしたの?」と羨ましがられます。母あっての私の美です。

ここ数年、美容と健康のために半身浴を続けています。
3年くらい前まで体の代謝が悪く、汗もほとんどかかないし、便秘気味でもありました。また冷え性で、平熱が35℃くらいでした。体調は毎日悪く、病院に何度も行きましたが特に悪いことはない、と言われるばかりでした。

自分の代謝が悪いことはなんとなく分かっていたので、半身浴を決意。お風呂で汗をかくことによって、代謝を上げようと思ったんです。

最初は、30分以上入っていても、汗をかかなかったんですが、2日に一度は半身浴を続けて、3ヶ月くらいするとじわじわと汗が出るようになりました。その時の体の変化は、本当に嬉しかったです。

もうひとつ、嬉しかったのは体重が落ちたことですね。徐々にではありますが、1年で15キロくらい体重が落ちましたよ。

代謝が上がったことで、肌荒れも落ち着いてきています。前は大人ニキビに悩まされてきましたが、今ではほとんどできません。肌荒れのストレスからも解放されて、今は本当にハッピーです。

ほっぺたにポツンとニキビができてしまったり、お肌がカサカサしたり…
そんな時はどうしていますか?

その前に、美肌を保つ秘訣って何でしょう。
質の高い睡眠、栄養バランスの高い食事、適度な運動、それとも高級な化粧品?
そんなの分かっているけれど、現代の忙しい女性にはなかなか難しい。
私もついついバランスの崩れた生活を送ってしまって、肌が荒れて大ショック!

そんな時、私が真っ先に行うのは、「半身浴」です。
ありきたりな答えですみません。でも本当に効くのでぜひ試していただきたいです。タダですし♪
半身浴をして汗をかくと、肌荒れの毒が出ていくように、お肌がキレイになります。古い角質がポロポロ剥がれたら、ぷるぷるのお肌が出てきますよ。湯船にゆっくり浸かると心も癒されて一石二鳥。

でも、決して無理はしないでくださいね。
のぼせるほど長く入ったり、無理やり肌をこすったりしてはダメです。
1日だけではなく数日間ゆっくりした気持ちで続けてみてくださいね。
リラックスすることも美肌の秘訣ですよ♪

30代に入り、口の横のホウレイ線が気になり始めました。
気になる日もあれば、あまり気にならない日もあり、その差は何なんだろうと考えていました。

インターネットで調べていると、横向きになって寝ると、頬が圧迫されて、口の横に皺ができてしまう。また、それが長時間取れないという記事を見ました。
私の場合も全く同じ現象だったようです。
思い返してみると、二度寝をする時など、携帯のアラームの音がよく聞こえるように横向きに寝ていたり、誰かとやりとりをしていて、携帯を気にして横向きに寝た時にホウレイ線がくっきりとできていました。

それに気付いてからは、まっすぐと仰向けになって寝るようにしています。
絵に描いてみるとわかるように、口の横にホウレイ線を描いただけで、ずいぶんと老けたイメージになります。
これからのことも考えてどうしても、今から細かく気を使ってホウレイ線ができるのを予防しなくてはなりません。
リフトアップする頬の運動や寝方などで、顔の美容に日々気を付けています。

next posts >>