Category: 美容

「W洗顔」は肌への刺激が強すぎでやらない方がいいという話が雑誌に書いてありました。
ここでいうダブル洗顔というのは化粧落としで化粧をおとしたあと、洗顔料を使って洗顔することを指します。
わたしはダブル洗顔という意味を知る前からダブル洗顔をしてきました。

そしていま現在もダブル洗顔を続けています。
当然お化粧は化粧落としで取りますが、メイクオフした後の肌もたっぷりのアワでキチンと洗浄しないとキレイになった気がしないからです。
モコモコとした泡でお顔を洗浄すると気分爽快って感じです。
洗顔フォームはモコモコ泡が出来て保湿成分も含まれたものを使用しています。

自分の顔はダブル洗顔をしても特別トラブルも出ていません。
今後も「クレンジング&洗顔料」セットは止めない方向で考えています。

どの美肌術をとっても合う合わないは各自の肌質によっても変わってくると思うのです。
スキンケアにもはずせないやり方はあるので、それから大きくそれない程度に個々の肌状態にあったスキンケアを行っていくのが結局素肌を守る事になるんじゃないかと私は考えています。

「美容」を意識しながら食生活を送っていても、キチンとバランス良く栄養を摂取できないことがあります。
わたしもできるだけ外で食事を済ませないようにして自炊を心がけてはいるものの、帰宅した頃には疲れ切っていて手作り出来ない事も結構あります。

そんなワケで、とりにくい栄養素はサプリメントで摂取するようにしています。
あたしが飲んでいるサプリはマルチビタミン剤とミネラルサプリの二種類です。
どちらも、一か月で千円前後の栄養補助サプリなので、日々摂っていてもお金が掛からないというのも嬉しいところです。

マルチビタミンサプリと「ミネラル」のサプリを摂るようになってから、少し疲労が溜っていても次の日の肌に響かなくなってきました。
こめかみら辺にあった小さな染みも薄くなってきてキレイになってきました。
目のところの「くま」も改善されて若さを取り戻した感じもします。
サプリメントは食事の後に摂り込むだけのお手軽なケアですので、「最近肌状態が悪いかも」と思っている人にすごくお勧めです。

美潤のお試し通販

30代後半、3才と6ヶ月の二人の子供を持つ主婦です。
30歳代前半から疲れが顔色に表れるようになってきました。
20歳代のときは徹夜なんてなんでもなかったのに、無理をすると次の日は顔色が悪くなりメイクでごまかすのも難しいです。

子育てに忙しく時間の足りない私が心がけているのが寝ることです。
しっかり眠れた翌日は顔の色つやもよく肌がふっくらとして内側からみずみずしいのが分かります。
いくら高いクリームを使っても結局のところ外側からのケアなので、内側からのケアにはかないません。

肌や体の調子が悪いと感じたときにはビタミン類を補給して少しでも睡眠をとるように心掛けています。
子どもに起こされて朝まで起きていることもあるのですが、お金も技術もいらないやり方なのでやってみて下さい。

不満を溜めたりしないことも美肌の維持には大切だと思います。
食べる量を制限する減量をしたことがあるけれど不満があってリバウンドしたし、顔付きが怖くなったと指摘されたこともあります。
意志の弱いわたくしには減量してる間も飴とムチを使い分けてモチベーションを維持することが必要です。

あたしが日頃から、美容のために気を付けていることの中の1つは「紫外線ダメージから身を守る」こと。
紫外線ダメージで、シミなどは出来やすくなってしまいます。
そのため極力、「紫外線」をシャットアウトするように日頃から気を付けています。

ワタシの基本的な紫外線予防策は、365日サンスクリーン剤を使うことです。
シーズンによって強いの弱いのと使い分けていますが、冬場でも忘れずにUVケア下地などを塗っています。

あと本当に日差しが怖い4月~9月頃までは、いくつもの紫外線防止策をやります。
外出時には必ず、携帯用日傘かつば広帽子か、紫外線対策用の長袖シャツなどを着込んでいます。

それから、日焼け予防などができる美容食をたっぷり口にするようにしています。
美肌の味方とも言える「トマト」は、できる限り日々摂るように心掛けています。
食べ方ですが、トマト類は加熱した方がリコピン量がアップするので、煮込んだりして摂るようにしています。
緑の野菜は紫外線対策になるらしいので、小松菜などを沢山口にするようにしています。

それから、板チョコやナッツ類も美白効果があるので、おやつとして食べるようにしています。
日焼け対策は面倒な時もありますが、そういったケアは毎日やるようにしないと役に立ちません。
あとで悔やむ事のないように、早いうちからUVカット対策をしっかりすることが望ましいですね。

デスクワークの仕事が中心のため、ここ数年で体重が5kg増えてしまい、それに合わせてお腹まわりにお肉がついてしまいました。
いわゆる三段腹というやつです。
おかげでウエストが太くなり、以前まで履いていたジーパンが入らなくなってしまいました。
これはとてもショックでした。

そこで、なんとかそのお腹まわりについたお肉をなくそうと、ウォーキングで痩せることにしました。
運動が苦手な私にとって、ウォーキングなんて続くかしらと思っていたのですが、思ったよりも楽しくて続けることができています。

なぜなら、歩くコースを住宅街などでなく、川の堤防沿いなどを中心に歩いているからです。
川の土手には、四季折々の草や花が自生しているので、目を楽しませてくれます。
とにかく、歩いているととても気持ちよく、ストレス発散できるのです。

そんな感じでウォーキングを始めて早1年になりますが、5kg痩せることができ無事ダイエット成功となりました。
おかげで、お腹まわりのお肉もスッキリなくなり、ウエストも以前の細さに戻りました。

ニッスイから出ているイマークSは飲み続けることで、血中の中性脂肪を下げる作用があるとして評判みたいですね。

私は普段から仕事柄食事の時間が不規則なのと、肉が好きなので青魚などをあまり取らないのが原因でここ最近はどんどん太ってきています。
若い時はどれだけたくさん食べても太ることがなかったのですが、やっぱり年なのでしょうか。
体の代謝が落ちているんでしょうね。

そんな時に妻から「これ飲むと中性脂肪が下がるみたいよ」と教えてもらったのが、ニッスイのイマークSでした。
自分では今まであまり気にしてこなかったのですが、妻にそう言われるとさすがに何とかしないといけないなと思い始めてきています。
子供もまだ小さいですし、子供の為にもずっと健康でいたいですからね。

とりあえずネットで調べてみたら、10本セットがお得に買えるようなので注文してみました。
きっとあまりおいしくないような気がしていますが(笑)、健康のために飲んでみます。

チェック⇒イマーク 口コミ

30歳まであと3週間!
つまりバッチリ(というか随分前から…^^;)アラサーになります。
そんな私が最近富みにやばいと思ってるのがお腹まわりのお肉。。。

若いころ(っつっても2、3年前)では考えられないような
贅肉がついてくるようになっちゃんたんだよね~。

街中を歩いててショーウィンドウに映る自分を見て、誰ですか?!
って思うレベルでお腹まわりのたるみ(+太もものあたり)が気になる今日この頃。

アラサ―だし、これからまたさらにどんどんと痩せにくくなってくるって皆言うし。

ここらで一回本気でダイエットしなきゃ、
いよいよ取り返しがつかないことになりそうな気がしてきたので、
ダイエット宣言します。

本当はホットヨガとか行きたいんだけど、お金もないし、
まずは、何とか呼吸法とか、ストレッチとかからスタートしようと思います^^;

あとはお腹だし、ピンポイントで腹筋か…。
それから生野菜中心の食事と、炭水化物少なくするとかかな。

でも、きっと本当はお酒を控えることが一番なんだろうけど~
そこはどうしても我慢できない><!
とりあえず頑張ります~。

メタボとは言えませんけど、これ以上つけられない私のお腹まわりのお肉です。
私の体型はずんぐりむっくりという表現がぴったりで、とにかくすっきりしていません。

その1番の原因はお腹まわりです。
お腹やウェストが締まっていたら、その他が太くても全体の印象がかなり変わります。
腹筋をすれば確かに筋肉はつきますが、すっきり細くはなりません。

あるところで聞いた話によると、腹筋ばかりしていると腰痛になるそうです。
筋肉がアンバランスになることが原因で、お腹ばかり気にして腰のことをやらなかったら効果はなさそうです。
なのでお腹まわりというより、お腹とウェストをすっきりさせることを目指します。

そしてストレッチをしているところです。
効果はまだ出ていませんが、太くなってないだけでも効果が出ているといえるのでしょうか(泣)

サイズダウンさせて、すっきりしたらはきたいと思っているスカートをはきたいです。
それはいつのことになるのかわかりません。
とにかくストレッチを続けないといけません。

体の臭いはほんとに気をつけたいところです。
やはり、汗臭や脇臭などは誰だって嫌なものです。
自宅に知り合いが来た時のことですが、三人いるうちの二人から臭ってきた事があったのです。

あれは明らかに体臭でした。
けれど、当の本人達は気付いていないようで、あたしは鼻が利くせいか、汗を掻かないくらいに部屋を冷やした上で、部屋の空気も入れ換えるようにして兎にも角にも臭わないようにしたという経験があります。
多分、単純な「加齢臭」だけでなく、足の臭いなども入り混じっていたので独特の臭さがあったのでしょう。

兎に角、その空間にいるのが私には耐えづらいくらいニオイがキツかったのです。
それ以来、友達をとくに汗を掻きやすい夏に自宅に招く際は毎回エアフレッシュスプレーなどを客間に来客前に吹きかけておくようにしています。

でも、その効力も長くは続きませんけどね。
体の匂いというのは、体そのものからくるのは確かですが、臭いが強烈になるのは私的には服に汗がついている時だと推測しています。
人の振り見て我が振り直せで、わたしも自分の体臭にはすごく気を使うようにしています。

男って誰でも足のニオイが強いのかしら・・・この頃困っている臭いは、矢張り夫の足の臭いです。
職種的に毎日ビジネス用の靴を履いて、外回りなどをしているので、きっと「足汗」もあるでしょうし、湿気がこもった状態になるのでしょう。
自宅に着いたらダンナはまず靴下をはぎ取って素足になります。

その足臭たるや!少し離れていてもほのかに臭ってきます。
しかもなんだか熱気を帯びているので、足から異臭を放散しているみたいになります。
「臭い」と言いたいけど言いづらいなとずっと困っていました。

直接的な言い方だとちょっと悲しませてしまいそうな気がしたので、私はギリギリのラインで攻める事にしました。
子供に足を嗅がせて素直な反応を待つのです。
子供を利用した感じですね。

しかしその時から少しダンナ自身も分かってきたのか、取りあえず家に戻ったら手洗いうがいの流れで、シャワーで両足もキレイにするようになりました。
これはすごく効いてます。足臭がなくなるのです。私以外にも旦那様の足臭に悩んでいる人はいるのでしょうか。
同類の方の話を聞いてみたいです。

毎日、仕事に行くのに電車に乗るのですけど、暑くなるとかなりクサイ体臭の人にたびたび出会います。
殆どの場合、男性ですので男性だけが持っている臭いだと思います。
汗臭さに何か油っぽい臭いが混じり合ったような、言い表せない匂い。

部屋干しした洗濯物の臭いに近い臭いです。車内でそのようなニオイの男の人がいると、気持ち悪くなってしまうのです。
前の方を歩いている男の人の体臭が臭ってきたりするので、すごくしんどいです。
間違いなく、その男性は全然気付いていないんじゃないかな。

自分自身が臭っているという事に気づいていないので、気にもならないんじゃないかな。
冬場は気にしなくなってくるので、気温の高い季節だけではないでしょうか。
汗臭というのは摂取しているものによっても違いますし、お酒とかタバコによっても違うという事ですから、可能であれば周りにいる人が指摘をしてくれればいいなと思います。
親族だったら気付くはずなので、家族間で注意してあげる事が大事です。

おすすめ⇒レデオス 口コミ

毎晩入浴していても、仕事に行くために外に出ることで、帰宅する頃には体臭を気にすることがあります。
匂っている場所は鼻の近くなど顔の部分なのですが、体臭に対して大変気になります。
顔に汗をかくと、皮脂の酸化した様なニオイです。

シャワーを浴びる際にその皮脂の酸化となる臭いがツーンと匂うので、とっても気分が悪くなります。
自分は発汗量は少なめなので、そんなニオイは出てこないだろうと信じていたのに、臭ってしまうのです。
年齢臭だとは認めたくありませんが、この脂クサイ臭いは年を取ったこととも関係がありそうです。

またそれとは別に、入浴時に身体を洗おうと思う時に臭う、頭皮の臭いが嫌です。
いつもお風呂に入った際に天然毛のブラッシングケアも、今はしているのです。

でも一日が経ち、その後入浴をする際に再度ニオイを感じる為、すごくイヤだと思うのです。
これに関しても年が上がったことと関係しているかもしれないのですけど、できるだけニオイを消す努力をしたいと思っています。
自分はあんまり香水などのニオイをつけるようなことはしませんが、近ごろはフローラル系の美容液を使うこともあります。

30歳になってから身体や心が変化していく事をより一層感じるようになったのです。
常に鏡に映る自分を見て出来る事をやろう、それととどまることなく女として生まれた事にありがとうという気持ちを持ちずっときれいでいたいと感じています。
そうした中でわたくしが毎日意識してしている事を書きたいと思います。

まず最初に十分な睡眠を摂ること、それとなるたけ早い時間に寝る事です。
なるべく11時前に布団に入るように努力しています。
朝方の生活を心がけているのです。

それとちゃんとやれていないのですけどまめに水を飲む事。
特に冬は空気が乾いているので水分補給と肌の乾燥を守る為、しっかりと保湿しています。
顔を洗う際にはしっかり泡を立てて汚れを落としなるたけ冷水を使います。
お湯の場合乾燥をより起こすからです。

家に帰ったら早めにメイク落としをして肌を休めています。
食べ物については糖分の過剰摂取をしないように注意しています。
甘い物の摂取は控えるように努めていますがイライラしないように食べたいと思ったら少量だけ食べています。
できるんだったら積極的にフルーツを食べるようにして、春夏行っていたジョギングをもうちょっと気候がよくなったらやりたいと思います。

果物類や野菜類は3食食べるように

美容のために毎日食べる物に気配りしています。
野菜やフルーツをいっぱい食べています。
果物類や野菜類は3食食べるようにしています。

そしてなるべく旬菜にしているのです。
よく頂くお野菜は、キャベツやトマト、にんじん、玉ねぎ、レタス、ブロッコリー、パプリカなど複数あります。
またしょっちゅういただくフルーツは、みかんやりんご、ブドウ、イチゴがあります。

それからお菓子はなるたけ摂取しないようにしています。
どうしても食べたいときは、ちょっとだけ食べるようにしています。
スナックの代わりにナッツや乾果類をいただくこともあります。

それ以外にも定期的に運動もするようにしています。

よくやっているのは、軽いストレッチやウォーキングです。
ウォーキングは、週2~3回、30分~40分位行います。
できるだけ早く歩くように行えば、ダイエットになるのではないでしょうか。
ヨガは、天気が悪い時などに自宅で三十分程度行っています。

これが、私自身が美容でいつも気配りしていることやしていることです。

若いころにお菓子ばっかり口にしていたら…

美容面を意識して、口にする物にはそれ相応に配慮しています。
若いころに、お菓子ばっかり口にしていたら、吹き出物が発生し、よく着ていたズボンもきつくなっちゃった事があるからです。

とりあえず、19時台を最後に食べるのを我慢しています。
忙しくて、会社を出るのが午後八時を過ぎる時が少なくないのですが、そういった時はお家にもどっても夕ご飯は我慢します。
最初はお腹が空いて大変だったのですが、今では習慣化して苦痛じゃありません。
晩御飯タイムを早くする、或いは口にしないようにすると、朝のスキンコンディションや胃腸の具合がいい感じがします。

それから、おやつは木の実、ドライフルーツ、ゼロカロリーのゼリー等のカロリーが低い物を食べています。
やっぱり退社時間が遅かったりするので、全く間食をしないのは辛いです。
それで、ナッツ類などの低カロリーなものを間食することにしたのです。

第三に、ご飯の量を軽くして、野菜を大量に摂ることにしています。
例えば、結構やってるのは2~3口分のゴハンと、たっぷりのサラダです。
野菜をいっぱい摂取していると、カラダの中もスッキリします。
どれもシンプルな事なので、ずっと実施していこうと考えています。

おすすめ⇒コンブチャクレンズ 口コミ

話題になった「万引き家族」を観た。
是枝裕和監督の作品はいくつか観たことがあるが、「万引き家族」はさすがパルムドール賞を受賞するだけのことはある。
こんなに多くの日本社会の問題を散りばめながらも、ギャグあり笑いありだからマイナーな気分にならない。

ユニークなのは、最後の最後まで、この家族が血縁関係のある人たちではないことがわからない。
ミドルエイジの夫婦、祖母、子供2人。それに一人の女の子が加わってくる。
現代の日本社会では底辺に位置するような人々が、万引きで生計を立てている。
万引きそのものはやってはならない犯罪行為だが、そこに至る家族の背景が重要だ。

ふつうなら、子供もグレて夫婦仲も悪くなりギスギスした家族関係になりそうなのに、この家族は極めて明るい、というか無頓著というのか。
そこには、見えない糸で繋がる人々の中に「愛情」があるからではないか。

幼児虐待や親殺し、育児や介護放棄の多い昨今、この映画の家族は苦境にありながらも、人間本来が持つべき「愛情」を根底に持っている。

あ~観てよかった!と思える作品である。

ファッションや風景が美しい実話に基づく映画「リリーのすべて」

最近観てよかった映画は「リリーのすべて」です。
実在の人物をモデルにした映画なのですが、それも1930年代に、男性から女性に性別適合手術を受けた人物の物語です。
イギリス人の俳優、エディ・レッドメインがその男性時代、女性時代も演じていますが、演技もストーリーも興味深いです。

男性から女性へ目覚めた主人公に対し、当時は精神な病や、過渡な疲れによるものと受け止められ一切理解されないのですが、意外にも主人公の妻が献身的に女性になるのとを応援します。
その妻の複雑な心境や、理解されない主人公の孤独が感じられ、観ていて辛くもなります。
それも、主演のエディ・レッドメインの演技力のなせる技かもしれません。
男性時代から線が細く女性的に見える役なのですが、たまたまふざけて女装したのがきっかけで自分が本来女性であったことに目覚めます。
その振る舞いや話し方が、本当に女性的で、後半ははかなげな女性にしか見えません。

そんな、女性への道を模索し落胆した主人公の印象的な台詞に「本当の自分を知らないで生きることはできない」というものがありますが、女性になりたい、というのは何も特別なことではなく、誰しもがかかえる「自分は何者か」という根元的な問いにも思えます。
当時のファッションや、いなかの風景なども美しい作品で、男性にも女性にもおすすめします。

ブルース・ブラザースは最高のミュージカル映画!

1980年(ジョン・ランディス監督)に公開されたアメリカ映画。日本公開は1981年。
アメリカのテレビ番組の人気コーナーから派生した映画だが、娯楽映画として非常に秀逸。

アクション、コメディ、ミュージカルと色々詰め込まれているが、特に素晴らしいのが音楽の部分。
映画の中で結成されるバンドのメンバーは実際にバンドとしてツアーなどを行っていただけあって、演奏部分の息もピッタリ。
ボーカルを務める主演二人の本業はコメディアンのようですが、役者としても歌手としても十分通用する実力です。

音楽の部分で言えば、その他にもジェームスブラウン、レイチャールズ、アレサフランクリンなど世界的ミュージシャンがずらり。
豪華すぎる顔ぶれの圧巻のパフォーマンスに痺れます。

その他にも、スピルバーグがちょい役で出てたりするので探してみるのも面白いかもしれません。
お気に入りのCDを聞く感覚で何度でも楽しめ、見るたびに心がスカッとする素晴らしい映画です。
まだみていない方はぜひチェックしてみてください。

音楽も映像も最高峰

あまりにも有名になりすぎた映画「君の名は。
」。
何度も見たと言う人がいる一方で、期待しすぎだったと言う人もおり、見るべきか悩んでいました。

いちどはせっかくだから見ておこうと思い映画館に行きましたが、開始早々、きれいな映像に引き込まれていきました。
話題になったRADWIMPSの曲とぴったり一致しており、一瞬たりとも目が離せないほど釘付けになりました。

ストーリーは決して珍しいものではなく、やや定番のような気もしましたが、それでも見ているうちにドキドキさせられました。
学生向けの内容なのかなと思いながら見ていましたが、20代後半の私でもスムーズに内容を把握することができました。

音楽はとにかくRADWIMPS尽くしなのですが、最後まで聞き飽きたりする事はありません。
映画の中で統一感も生まれ、きれいに収まっていたと感じます。

切ない話ではありながら、時折笑わせてくれるようなシーンもあり、男女問わず楽しめることのできる映画だと思います。

チェック⇒近くにあるレンタルDVD店

私は47歳の主婦です。私の体毛はすっごく濃いくて子供のころは相当なコンプレックスでしたね。
夏のプールの時間は地獄のようでした。男子からかわれて大変でした。

ですから夏でも長袖を着たりしていました。
私の処理方法はかみそりです。
でも夜に剃っても朝にはすでに生えてきているくらい剛毛なんです。

残念なことに娘にも遺伝してしまい娘もすごい剛毛です。
そんな娘と最近私は、脱毛サロンに通いだしました。
親子モニターという企画で通っています。

ですので価格が安くて安心して通えるのです。
脱毛って怖いイメージがありましたが全然平気でした。
光脱毛という処理で痛みもまったくありません。
ほんの数分で終了です。

しかしすぐに毛がなくなるわけではありません。
個人差はありますが約半年程度は通うことになりそうです。
でも日に日に毛が細くなってきているのを実感できます。
今はワキ毛だけをお願いしていますが今度は腕も開始しようかな。
脱毛にはまっていますね。

脱毛で一番効果が高くて人気があるのがサロンなどで行う脱毛だと思います。
しかし効果が高い分、お金や通う手間が掛かる方法なので手軽にとはいかないようです。

そこで多くの方は家庭でムダ毛の処理を行っていると思います。
昔からあるムダ毛の処理として剃刀を使った方法があります。
これは時間もそれほど掛かりませんし比較的簡単に行えます。

しかし体毛が濃い方の場合はすぐに生えてきやすいので小まめな処理が必要になることもあります。
さらに剃刀の刃に負けてしまうこともあるので肌のケアも大切になります。

他にも家庭用脱毛器を使った方法もあります。
最近ではレーザー脱毛や光脱毛と言ったサロンでしか行うことが出来なかった脱毛方法も家で簡単に出来るように作られた脱毛器も多く販売されています。
使い続けることで毛の量が減っていき、最終的には永久脱毛とほぼ同じ効果を得ることも可能です。
ただサロンほど効果が高いわけではなく、人によっては思うような効果が出ないこともあるそうです。

暖かくなってきたからか、タイツ姿の人が減ってストッキング姿の人を見かけるようになりました。
先日ショッピングに出掛けた先で、春らしいとてもオシャレな女性を見かけました。
しかしその女性の足元をよく見るとストッキングから長い毛が…。

すね毛でした。
「あ~、惜しい」という気持ちと同時に何だかとてもガッカリしてしまいました。
きっとちゃんとムダ毛処理はしてきたんだと思うんです。

一本だけ忘れられていた毛があっただけ。
でもその一本が致命傷になることもあるんですよね。

同性の私ですらこう思うことがあるのですから、異性である男性から見たら女性のムダ毛ってどう見えているんでしょう。
実は前に「君の腕や足には毛がなくてツルツルしてて女の子って凄いね、と彼氏に言われた。

たぶん彼は女性にはムダ毛が生えてないと思っている。
「処理するの大変なのに」という内容のコメントを聞いたことがあります。
生えてないわけないじゃないのよ!あなたの為にお手入れしているのよ!って(笑)。
この苦労、世の男性諸君には理解してもらえないものなのかしら。

皆さんは、ムダ毛処理ってどうされていますか?
わたし、そこまで毛が多い方ではなくってむしろ少ないほうだとおもうんですけど、それでもムダ毛って気になっちゃいます。
腕なんかは、じーっくりみても生えてるかわからないくらいなんですけど、足はね、やっぱりわかっちゃいます。

しかも悲しいことに、中学生くらいのとき初めて剃毛したんですけど、ちゃんとやり方調べてやったわけじゃなくって、とりあえず剃ってやれって感じで、毛の生えてる向きとか気にせず剃っちゃったんです。

それからというもの、毛穴の中に毛がクルンと入りこんでいるやつがかなりあって。。。
めっちゃいやなんです。じっくりみないとわからないけど、じっくりみられると恥ずかしい。
これはお店で脱毛してもらったら解決するのかなぁ、と日々もんもんとしております。

あ、ちなみに余談ですが、中学生のときの友人が、まつげをムダ毛だと思ってピンセットで全て抜いてしまった子がいました。いたそ。。。

人によってムダ毛の悩みはいろいろだと思いますが、私の場合はそんな悩みのほとんどが当てはまるといった感じなので困ってしまいます。

例えば人一倍私は毛深いし、脱毛した後には三回に一回は肌のトラブルに見舞われてしまうし、生えなくてもいいような場所にでも生えているといったことです。

ワキや手足のムダ毛は量の差こそあれ、誰にでも生えているのでまだいいのですが、他にも手足の指にまで私はムダ毛がちょろっと生えているので指毛の処理も本当に大変です。
こうした指毛というのは女性の中にはまったく生えていないという人もいると思うので、なぜ私だけがと思ってしまうことも過去にはよくありました。

ただ今ではこれはもう仕方の無いことだと諦めて、せっせと定期的にムダ毛の処理に励んでいるので、とりあえず今はもう開き直っています。
とはいえ、やっぱりムダ毛の薄い人や少ない人は羨ましいなとときには思います。
ですが、もともとの体質なのでクヨクヨばかりはしていられませんよね。

私は元々毛深いので、毎日丁寧にムダ毛処理をしないと大変な事になります。

さすがに毎日処理するのが面倒になる時もあるのですが、一時期適当に剃ったりしていました。そしたら直ぐにツケがきてしまった様で、ちょっと肌荒れ気味になってしまったり、所々に埋没毛になってしまっているんですね。

やっぱり面倒だからと言って手抜きをしていると、後々かえって処理する手間が増えるんですよね。埋没毛は剃刀や電気シェーバーでどうにも出来ませんので、ここでは毛抜きで埋没した部分を引き抜きます。

そう言えば昔は脇毛を毛抜きで1本1本抜いていたのですが、毛穴からばい菌が入ってしまって化膿して大変だったという知人の話を聞いて怖くなって止めました。本当は毛根から引き抜くとスッキリして気持ち良いんですけどね。

今では埋没毛の時にしか毛抜きは用いない様にしています。剃刀や電気シェーバーはムダ毛を完全に処理出来ないので直ぐにムダ毛がチクチクになりますが、一番安全なんですよね。

すこしづつ気温も上がってきて汗ばむシーズンですが、暑い時期というのは体の中のニオイが気になる時でもあります。
体の臭いをケアする事も暑い時期には大切な事だと思います。パウダースプレーなどで汗を抑えて匂いを軽減させたり、簡素なボディタオルや汗を拭き取るシートは必須になります。

ここ最近ではワキなどから出ている臭いの元のバイ菌を防いでくれる商品もいっぱい出てきたので対策さえすればニオイを防ぐことができるようになりました。
ですが自分自身の体臭を気にしない人もいるため、まわりだけが分かっているといったことは多々あるのです。

わきがの人って特徴がある臭いなのですぐわかります。ワキガのある人の中で自分が出しているにおいを知らない人もいるみたいで、周りの人が伝えるべきか迷うケースもあるようです。
ワキガの人は根本的な原因は体質だと聞いた事がありますが、治そうという意欲と対策次第で案外臭いを抑制する事が出来ます。

汗を大量にかく人は汗に対する対策を生活習慣の乱れやすい人は正す方向に、意思により良くなると思うので周りにいる人はその人に注意、指摘できる勇気が必要なのだと思いました。

カラダの臭いというのは自身の体から出しているため自分で気が付かないのがほとんどなのですが、知人などから指摘をされて分かることがあるのです。

だけど、本人にそれをいうのは勇気がいることですので現実的には言われることなんてないので、自分自身の臭いをどのように感じられているのか知る由もないのが現状です。

足のニオイはクツシタで包まれているのと、靴を履いて過ごす事も多くあるので季節を問わず湿気が籠りやすく臭いもしがちな箇所です。足がクサイかなと思った時にできることはちゃんときれいにするのが一番なのですが、それ以外に衛生的にしとかないといけないこともあります。

いつも履いているクツですけど手入れを怠ってしまうと臭いの元になりバイ菌が繁殖をしてしまうのです。雑菌が繁殖をしてニオイのあるくつに足を入れてしまいますと、足にバイ菌がくっついてしまうため匂いの元になってしまいます。

洗えるくつであればちゃんと洗浄して衛生的に保たないといけないですし、洗えないんだったらインソールを敷いてこまめに取り替えるのも効果的です。

また外に干すだけでも殺菌してくれるはずなのでなるたけ外に出すのも良いでしょう。ニオイの原因である靴をきれいにすることがニオイ予防につながるのです。

そもそもがよく汗を掻く方で、自分的にも汗臭を心配しながら生活しているのですが、とりわけ真夏などは大汗を掻くとあたし自身でもうわっと思うくらいの汗臭がします。

40代になってからはさらに悪くなっていて、少しばかり発汗したくらいでもTシャツから汗臭がしてしまい、服を替えるような対策をとらないといけないくらいになりました。
季節に関係なく普段から制汗スプレーを利用しているのですが、それで安心できるどころか、年々効き目が弱くなっているような感じがしています。

本当に、ちょっと身体を動かしただけでも汗が止まらなくなるので、真夏などはマジで弱ります。40代になって中年のニオイがするのはしようがない事ですが、自身でニオイケアしようとしても、今のやり方では何だかすぐに効き目がなくなってくるので、どうしたらいいのだろうと思い悩んでいます。

臭いを減らす為によく効くやり方があるならば是非とも知りたいです。自分の「体臭」を認識出来ているだけに、人に被害を及ぼしていると思うと申し訳なくてしょうがないです。

汗についての悩みは人其々だと思うけど、私の場合はこれ以上ない汗かきではないかと思います。暑い夏は特に。
何をしてもどうにもなりません。お風呂に入っても就寝中に発汗するので、起床時には汗のせいで髪はびしょびしょ。

元よりシャワーを浴びたとしても外出した時には汗がでるので、暑い時はポニーテールしか道がない。
「髪を短くしてみれば?」って言われるのですが、とんでもないです。髪が短いと汗が粒になって落ちたり、毛先に汗の結晶が付き白くなるとか…。
ポニーテールをしていても毛先は固まってガサガサといった感じで物凄い有り様なのです。

それに加えて、スプレータイプの制汗剤も駄目なのです。シュッとしたときだけは良いニオイがするんだけど、時間の経過とともに汗臭いニオイがしてしまうので大変なニオイに変わってしまいます。

なので私が行っている汗臭さ対策は両足の足首にコロンをぷしゅっと。そうすると香りと汗が混ざる事がないので香りは上に上がります。

汗がおさまり髪を結ばなくてよくなると私の年に一度の行事。第一に髪染め。そして12月になると髪をショートに。これが一番いい汗かき対策です。

汗に関しては前々から頭を抱えていてアセをかく量は恐らくはすごく多いです。仕事の業務上リサイタルで衣裳を着る事が沢山あるのですけど、両わきやうなじに汗をかきやすく、汗染みができることが多々あり大変困っていました。

しみの目立たない生地にしたりインナーにタンクトップを着るなどして汗染みができにくい方法をしていたのですが、大量に汗をかくのでそれでは間に合いませんでした。
なので、薬局へ行き、ある化粧品メーカーのつけるだけで汗を抑える商品を買って試しました。

完全に汗をかかないというわけではありませんが、いつも発汗する量が多い自分からすれば汗の量は確実に減りましたし、衣裳への汗染みも減ってきたのです。

公演するときやプレッシャーのかかるお仕事の時など緊張した時にでる異色の汗は、暑くて出てくるものとは異なり自分で抑えられないのでそうした時にこの塗り薬を持っていると重宝します。

私は暑いと即汗をかいてしまうのです。主に夏場が苦手で、少し動くだけでも汗で服がびちょびちょになり、黒い服を着た日には背中とかに塩分が結晶化した物が出るくらいになってしまうのです。

他にも、夏場が最も多いのですけど、洋服に汗臭が染み込んで洗ってもニオイが消えていないため、夏場は取れないものだと半ば諦めています。

臭いに対して、友だちと出掛ける時には頻繁に気に掛けるだけではなく、頻繁に鼻で嗅ぐくらいに敏感になってしまいます。処置としては、ずっと匂いの抑制効果のあるデオドラント剤を試してみて、その中から自身にマッチしたものを利用しています。

私にはスプレータイプの物と冷える汗ふきシートが良いみたいなので使っております。汗というものは人によって汗の臭いが変わると聞きます。あたしは代謝があまり良くないので、身体の中にある毒素が汗となり流れ出すのが原因でクサイのだと思います。
そのため、それを避けるために良い汗にしようと、食事を変えてみたり有酸素運動を心掛ける事で、新陳代謝をあげられないかなと思っています。

チェック⇒アセカラット(汗対策サプリ)

やはり習慣的にエクササイズをする事です。ありきたりのことですが、まず発汗しないと代謝も悪くなるし、その上PCを使ったお仕事をしているといっそう運動不足になりがちなので、ブレイクタイムにはエクササイズウォーキングをしています。

そして歩く事がが苦にならないようにミュージックを楽しみながら散歩しています。今はウォークマンに曲を入れて手頃な値段のヘッドホンを耳に付けてやっています。

あとはイライラしないようにビジネス上でも気をつけているのですが、可能な限りスムーズに労働できるように気を遣っています。
わたしはフリーランスで在宅で働く形なのですが出来るだけ商売道具にはできる限りこだわるようにしています。

こうして字を打っているのもワイヤレスキーボードを使ってたりと毎日必ず利用するような道具で不満を持たないようにするのも鬱憤が溜らないので肌の調子も上々ですし、不満を抱えこまないで済むようになりました。

わずかな私の人生から気づいたことですが…悩み事があるとお肌が荒れるのです。それが、一つ二つのできものという訳でなく、ほっぺや額に沢山できてしまうんですよね、そのことがまたストレスになり、一向に治らなくて、ドツボにハマってしまいます。

仕事を辞めようかどうしようかと悩んでいたころがあるのですが、あのころは化粧で誤魔化すこともできないくらいに顔中にブツブツができてしまって、ニコッとするとほっぺたがピキピキと痛くなるほどでした。

その時は本当に切ない思いをしたのを覚えています。重度のデキモノがくり返しくり返し同様の場所に出来ても治らず、結局その部分は現在も痕になって残っています。

やはりお肌の傷あとで汚い所を見るたびにあの頃のことが思い浮かんで心がいたみます。「なぜあんなところに居続けたんだろう…」なんて(笑)

現在は悩み事もなくなって、段々と肌荒れも治まってきています。悩みを全く持たずに生きることは簡単にできることではありません。
程よいストレスが身体に良いなんて話も聞きます。だけど、やはり過度なストレスなんて必要ないです。

私は美容の為に、市販のシャンプーやリンスやトリートメントやコンディショナー、それからボディソープなどの洗浄剤を使わないようにしています。

何故市販のシャンプーやボディーソープを使わないようにしているかというと、市販のシャンプーやボディソープなどの洗浄剤には界面活性剤や香料や着色料などの化学物質が含まれているものが多いからです。こういった化学物質が含まれている商品は、肌や頭皮に良くないので極力使わないようにしています。

私はシャンプーの代わりに、石鹸の成分を主成分としている固形や液体の石鹸を使うようにしています。そしてリンスの代わりに、クエン酸や生のレモンや瓶に入っているレモン果汁を使ってリンスを手作りして使っています。

そしてボディソープの代わりは、シャンプーと同じく固形や液体の石鹸を使うようにしています。市販のシャンプーやリンスやボディソープを使わなくなってから、肌の状態が良くなったような気がしますし、固形や液体の石鹸のほうが値段が安いので経済的にも良いと思いました。