さすがパルムドール賞受賞作品はエクセレント!

話題になった「万引き家族」を観た。
是枝裕和監督の作品はいくつか観たことがあるが、「万引き家族」はさすがパルムドール賞を受賞するだけのことはある。
こんなに多くの日本社会の問題を散りばめながらも、ギャグあり笑いありだからマイナーな気分にならない。

ユニークなのは、最後の最後まで、この家族が血縁関係のある人たちではないことがわからない。
ミドルエイジの夫婦、祖母、子供2人。それに一人の女の子が加わってくる。
現代の日本社会では底辺に位置するような人々が、万引きで生計を立てている。
万引きそのものはやってはならない犯罪行為だが、そこに至る家族の背景が重要だ。

ふつうなら、子供もグレて夫婦仲も悪くなりギスギスした家族関係になりそうなのに、この家族は極めて明るい、というか無頓著というのか。
そこには、見えない糸で繋がる人々の中に「愛情」があるからではないか。

幼児虐待や親殺し、育児や介護放棄の多い昨今、この映画の家族は苦境にありながらも、人間本来が持つべき「愛情」を根底に持っている。

あ~観てよかった!と思える作品である。

ファッションや風景が美しい実話に基づく映画「リリーのすべて」

最近観てよかった映画は「リリーのすべて」です。
実在の人物をモデルにした映画なのですが、それも1930年代に、男性から女性に性別適合手術を受けた人物の物語です。
イギリス人の俳優、エディ・レッドメインがその男性時代、女性時代も演じていますが、演技もストーリーも興味深いです。

男性から女性へ目覚めた主人公に対し、当時は精神な病や、過渡な疲れによるものと受け止められ一切理解されないのですが、意外にも主人公の妻が献身的に女性になるのとを応援します。
その妻の複雑な心境や、理解されない主人公の孤独が感じられ、観ていて辛くもなります。
それも、主演のエディ・レッドメインの演技力のなせる技かもしれません。
男性時代から線が細く女性的に見える役なのですが、たまたまふざけて女装したのがきっかけで自分が本来女性であったことに目覚めます。
その振る舞いや話し方が、本当に女性的で、後半ははかなげな女性にしか見えません。

そんな、女性への道を模索し落胆した主人公の印象的な台詞に「本当の自分を知らないで生きることはできない」というものがありますが、女性になりたい、というのは何も特別なことではなく、誰しもがかかえる「自分は何者か」という根元的な問いにも思えます。
当時のファッションや、いなかの風景なども美しい作品で、男性にも女性にもおすすめします。

ブルース・ブラザースは最高のミュージカル映画!

1980年(ジョン・ランディス監督)に公開されたアメリカ映画。日本公開は1981年。
アメリカのテレビ番組の人気コーナーから派生した映画だが、娯楽映画として非常に秀逸。

アクション、コメディ、ミュージカルと色々詰め込まれているが、特に素晴らしいのが音楽の部分。
映画の中で結成されるバンドのメンバーは実際にバンドとしてツアーなどを行っていただけあって、演奏部分の息もピッタリ。
ボーカルを務める主演二人の本業はコメディアンのようですが、役者としても歌手としても十分通用する実力です。

音楽の部分で言えば、その他にもジェームスブラウン、レイチャールズ、アレサフランクリンなど世界的ミュージシャンがずらり。
豪華すぎる顔ぶれの圧巻のパフォーマンスに痺れます。

その他にも、スピルバーグがちょい役で出てたりするので探してみるのも面白いかもしれません。
お気に入りのCDを聞く感覚で何度でも楽しめ、見るたびに心がスカッとする素晴らしい映画です。
まだみていない方はぜひチェックしてみてください。

音楽も映像も最高峰

あまりにも有名になりすぎた映画「君の名は。
」。
何度も見たと言う人がいる一方で、期待しすぎだったと言う人もおり、見るべきか悩んでいました。

いちどはせっかくだから見ておこうと思い映画館に行きましたが、開始早々、きれいな映像に引き込まれていきました。
話題になったRADWIMPSの曲とぴったり一致しており、一瞬たりとも目が離せないほど釘付けになりました。

ストーリーは決して珍しいものではなく、やや定番のような気もしましたが、それでも見ているうちにドキドキさせられました。
学生向けの内容なのかなと思いながら見ていましたが、20代後半の私でもスムーズに内容を把握することができました。

音楽はとにかくRADWIMPS尽くしなのですが、最後まで聞き飽きたりする事はありません。
映画の中で統一感も生まれ、きれいに収まっていたと感じます。

切ない話ではありながら、時折笑わせてくれるようなシーンもあり、男女問わず楽しめることのできる映画だと思います。

チェック⇒近くにあるレンタルDVD店

Comments are closed.